High Speed Logistics

物流改善の為にコンサルを利用する

物流に携わる人にとって、経費を抑えることは永遠のテーマといっても過言ではありません。
経費を抑えることは、無駄を省くことになりますが、自社にとって無駄な部分というのはなかなか見えてこなかったり、改善をしようとしても、従来の業務プロセスやフローが大きく変わるので、手が出せない等の悩みはあると思います。
そこで、外部のコンサルタントの目を通すことで、無駄な部分が見えてくることもあります。
でも、コンサルに依頼をすると、高いのではないか。
と思う人も多いと思います。
確かに、決して安いものだとは言えませんが、自社の規模や取り扱い商材、在庫管理の方法から配送パターンや人員配置までを俯瞰して、無駄な部分を洗い出したり、こうすればもっと良くなるという提案をできるのは、多くの会社の物流を見ている人でないとできません。
言い換えると、彼らは物流のプロということになりますので、悩んではみるが、手のつけどころがわからず、そのまま置いているくらいなら、問題解決の糸口や切り口として、コンサルを利用してみるのもよいかもしれません。

物流におけるコンサルティングとは

昨今、インターネット通販の普及により、日本国内で流通する荷物の量は以前に比べて大幅に増加しています。
それに対し、大型トラックドライバーに代表されるトラックドライバーなど物流を支える人々の数は減少傾向にあり、増え続ける荷物量に対応する手段が求められています。
そのような時代において、物流に関するあらゆる問題点を分析し、それぞれに最適な解決方法を提案する企業も増えています。
このサービスを、「物流コンサルティング」といいます。
顧客から預かったデータを細かく分析し、具体的にどのような問題点があるのかを探っていきます。
そして、それをもとにシミュレーションを行い、現状の問題点の解決を図っていきます。
現代の日本では、多くの業者がこのようなコンサルティングサービスを利用しているのです。
また大手宅配業者も、長年培ってきたノウハウを活かしたコンサルティングサービスを提供しており、今後ますます発展していく日本の物流に対応しているのです。

check

トイプードルブリーダー シルバー

最終更新日:2017/11/17