High Speed Logistics

アウトソーシングの活用で物流コストを抑える

事業を行っていく上では、様々な経費がかかります。
その中でも大きなウェイトを占めるものに物流に関する経費を挙げることができます。
近年では、ネット通販の普及等の要因により、受注から、納品までの期間を短縮させることや、一般顧客向けの商品の発送の場合、個人情報を保護すること等、求められるものも増えたり、変化してきています。
これらの要望に自社で対応しようとした場合、新たな人員の雇用や設備の導入が必要となり、コストが増大します。
そこで、物流のアウトソーシングという考え方があります。
アウトソーシング先は、元々物流に対してのノウハウを蓄積させている訳ですから、自社ですべてを賄うよりも、確実で迅速な対応が期待できるでしょう。
さらに、ピーク時等、一時的に人員を増やしたい場合等でも、自社の場合では、雇用面の関係から難しいこともありますが、アウトソーシングの場合なら、多くの人員を雇用しているので、一時的に人員を増員してもらう契約も可能です。
今後も物流は変わっていく可能性があります。
今の間に検討しておくのはいかがでしょうか。

アウトソーシングを取り入れた物流の良い点、悪い点

企業が自社で行っていた業務を外部に委託し、購入することをアウトソーシング(outsourcing)と言います。
今では物流の中でも、積極的にアウトソーシングを活用する企業が増えつつあります。
まず、物流においてはアウトソーシングすることにより、サービスの向上とコストの削減が図られ、経営の合理化にも役立ちます。
つまり今まで同時に行ってきた商流と物流を分離することにより、本来の仕事に専念できるだけではなく、自動化、省力化、情報システムなどの設備を十分に備えた物流センターを利用することで、時間の短縮、多種品配送が可能になるのです。
また、倉庫や車両の面においても経費を抑えることが出来ます。
しかし、注意しなければならない点もあります。
自社の機密が漏洩したりする危険もないわけではありません。
また、発注する会社によっては品質を疑うところもあるでしょう。
扱う商品や、または配送する距離によって、会社も上手に選択することが重要になってきます。

Favorite

太陽光発電 見積もり

2017/11/17 更新