High Speed Logistics

物流に今求められるのはスピード

近年、ネット通販の普及と拡大により、消費者の購買傾向が変化してきていると言っても過言ではありません。
店舗で商品を見て、ネットで注文する人も増えてきています。
しかし、今すぐに使うから買う商品の様に、即時性の面においては、まだ、店舗の方に優位性があるといえます。
そこで、ネット通販事業者が現在力を入れている分野といえば、受注から商品手配、顧客へ商品を届ける迄のスピード。
つまり物流のスピード強化が挙げられます。
在庫管理や出荷体制、配送体制の強化だけではなく、既存の物流インフラとのコラボレーションも盛んに行われています。
例えば、商品の受け取りを宅配便にすると、注文者が仕事などで家にいない場合、再配達を待って商品を受け取りことになります。
それを防ぐために、近所のコンビニ等で商品の受け取りができるようになってきています。
この様に、ネット通販に限らず、注文した商品の納期に対する考え方が、以前と比べ物にならない程、シビアになってきている為、これからの物流にまず求められるものといえば、スピードということになるでしょう。

現代の物流はスピードが命

IT化が進み、何事にもスピードが求められるようになった現代社会では、物流もその影響を大きく受けています。
従来では、何か欲しい物、必要な物がある場合は、人は買い物をするために街に出て、店舗の営業時間内に店に入り、商品を選び支払いをして初めて望む品を手に入れてきました。
現代では、買い物は実店舗まで出向かなくても、自宅や出先からインターネットで注文、支払いを行うことができ、商品は宅配便で自宅へ送られるよう手配することができます。
インターネットでは、24時間注文を受け付けることができるので、注文が入ると企業は、お客様に遅延感をもたれることのないよう速やかに発送手続きに入ります。
大手企業では、物流のための自社倉庫を地方にいくつか持ち、配送の拠点とするため、深夜のうちに配送先への車を用意できるところがスピードの最大の理由です。
注文から配達までの時間は、商品を売る企業にとって、他社との違いを特徴づける最大の武器ともなり得ます。

recommend

結婚祝い プリザーブドフラワー

Last update:2017/9/13